2020年9月の配当実績

ポートフォリオ
スポンサーリンク

こんばんは、まっくです。

10月になり、今年ももう残り3か月。

大半の企業にとっては、下期に入って折り返し地点ですね。

30代になると、時間が過ぎるのがあっという間です。

今回は、毎月振り返りしている、9月の配当金を確認していきたいと思います。

毎月これを見るのが楽しみになっています。

スポンサーリンク

日本株はJT(日本たばこ産業)のみ

JT(日本たばこ産業)の6月末の中間配当金が、9月に入金されてきました。

ただ、株価は2000円割れが続いていて、含み損もかなりの額になってきました。

高配当株は株価が横ばいならいいんですが、JTは下がる一方なんですよね。

高い配当金もらっても結局はマイナス。

これから明るい話題も見えてこないですし。

損出しするために売って、そのまま手放すことになるかもしれません。

今持っているNTTドコモも手放すことになりますし、資金はKDDIに向けようかと思案中です。

米国株はVYMが主力

米国株については、額は少ないですが、毎月いくらか入金されるのがうれしいです。

9月は、VYMやUL、JNJ、V等から入金されてきましたが、一番大きいのが高配当のVYMですね。

9月の割合の半分くらい占めています。

VYMも株価は低迷していますが、ETFなので大きく崩れる可能性は少ないので、ずっと持ち続けていてもいいかなと思います。

これからの株式市場について思うところ

私の注目は何といっても、11/3のアメリカの大統領選挙。

ジョー・バイデンが大統領になったら、キャピタルゲイン課税の増税がささやかれていますが、

ここで大きく市場が揺れる可能性があります。

前回はトランプ大統領に決まったら、株価が一度下がってやばい、と思ったら急上昇。

ただ、一個人ができることなんて何もなく、市場の流れに任せるしかないですね。

この大統領選の前に、ある程度手じまいしておくべきか、と考えています。

 

あとは、最近日本市場の方が強いんじゃないかと思えてきました。

昔は米国市場の影響を受けて、株価が追随しているイメージだったのですが、最近はそうでもなく、日本株は堅調。

株価が下がれば日銀がETF買付しますし、日本ではコロナの感染者・死者数とも米国とは比べ物にならないくらい少ないです。

少し前から米国株に傾倒してきましたが、米国ばかりに目を向けるのもだめかもしれません。

長い目で見たらどうなのか?ですが、来年オリンピックも開催されれば、日本株も期待できるかもしれませんね。