朝倉慶 新刊『株高・資源高に向かう世界経済入門』株がバブルというウソ

日本株
スポンサーリンク

こんばんは、まっくです。

今回は、朝倉慶さんの新刊を読んだので、その感想を書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

朝倉慶さんといえば、YouTubeの「朝倉慶チャンネル」

朝倉慶さんといえば、YouTubeの『朝倉慶チャンネル』をされている方で、私も昔からよく見ています。

このブログでも何回か紹介したことがありますが、とにかく明るく強気な方で、

「株は上に行きたがって仕方がない」、「弱気にならない方がいいよ」といったコメントが面白く、元気をもらえます。

そんな朝倉慶さんが新刊を出されるということで興味があり、読んでみました。

高度経済成長期バブルから現在までの流れを解説

本の内容はというと、高度経済成長期からバブル崩壊に至るまでの日本の状況や、中国共産党100年の動向、脱炭素の動きに対する資源の動きなど、世の中の情勢を解説されています。

特に中国の内容について詳しく書かれています。

最終章には、朝倉慶さんが注目する日本株の銘柄をいくつか紹介されています。

 

株のテクニカル的な話はそれほどなく、今の世の中の情勢、これからの流れについて書かれた読み物で勉強になります。

やはり強気な考えが伝わってくる内容で、株価が上に行きたがる理由も本書を読めば納得できるかもしれません。

低金利の銀行に預けているよりも、数%の配当を出す株に投資をしないのはもったいないという考えを後押ししてくれます。

本書の最後に、注目の日本株をいくつか紹介してくれていますが、大半知らない銘柄で、これらの銘柄もどうなるか注目です。

ただ、自分が投資するならやはり応援できる会社でないとダメだな、というのが最近の考えです。

よく知らない会社、方針に賛同できない、興味のない会社の株を持っていても面白くないですね。

日本にも知らない会社がゴロゴロしているので、会社研究のしがいがあります。

 

YouTubeチャンネルで話している内容もいくつか出てくるので、朝倉慶さんのYouTube番組を見て賛同できる、という人には面白い本だと思います。

株の勉強なら西野匡さんの本がおすすめ

前回、同じアセットマネジメント朝倉の西野匡さんの本を紹介しましたが、

株の勉強という意味ではこちらの方が参考になります。

少し前の本ですが、IPOセカンダリ投資で値上がりを狙いたい、個別株で楽しみたいという人には、西野さんの本がおすすめです。

 

そもそも朝倉慶チャンネルを知らないという人は、一度YouTubeチャンネルを見てみてください。

現在、チャンネル登録者が10万人くらいです。

とにかく勢いがあり元気をもらえるので、日本株に興味のある方はぜひ。