IPO(新規公開株)でおすすめの証券会社は?

日本株
スポンサーリンク
まっく

こんばんは、まっくです。

今日はIPO(新規公開株)について書いていきたいと思います。

IPOとは株式市場に上場して、株式市場で株の売買が可能になる株のことをいいます。

IPOは上場前に、各証券会社に一定株数が割り当てられ、抽選で購入することができます。

大半の銘柄は、先行で購入する『公募価格』より、上場した時の初値が上回ります。

株によっては、公募価格から初値が何十万も値上がりする銘柄もあり、宝くじみたいなものです。

ただし、申し込みに手数料はかからないので、宝くじみたいに損することはありません。

無料で購入できる宝くじです。

スポンサーリンク

IPOで利用している証券会社

IPOは数年前から始めたんですが、当時は申込数を増やそう!ということで、証券会社の口座をいくつか新しく開きました。

今現在持っている証券会社の口座は以下です。すべてオンライン証券です。

  • 松井証券
  • 楽天証券
  • SBI証券
  • マネックス証券
  • SMBC日興証券
  • 大和証券
  • auカブコム証券
  • 岡三オンライン証券

いずれもIPOの取り扱いをしており、幾度となく申し込みをしてきましたが、ほとんど当たりません。

でもそんな私でも、何回か当選したことがあるので、その結果を公開したいと思います。

過去のIPO当選実績

私が過去当選したIPOの銘柄と証券会社は以下になります。

銘柄公募価格初値(初値)ー(公募価格)証券会社
スシロー(3563)3,600円3,430円-170円auカブコム証券
メルカリ(4385)3,000円5,000円2,000円大和証券
MTG(7806)5,800円7,050円1,250円松井証券
ソフトバンク(9434)1,500円1,463円-37円SMBC日興証券
フリー(4478)2,000円2,500円500円auカブコム証券
※100株単位での売買なので、金額は×100円です。

 

どの株も当選数が多かった話題の株で、それほど大きな値上がりはしていません。

それでも初値で売れば数十万円の利益が出る可能性もあるので、当たったらラッキーです。

結局どこの証券会社が良いか

証券会社によって平等で1人1票として抽選してくれるところや、大きな金額を持っているほうが有利になる会社とありますが、ここまでの経験から感じたことは、

主幹事の証券会社でないとまず当選しないです。

ソフトバンクみたいな、値上がりしない大量株はどこでも当選できましたが・・。

正直申し込むのも手間になるので、IPOの方針は以下です。

  • 主幹事の証券会社から申し込む
  • 完全抽選の松井証券、楽天証券、マネックス証券は申し込む
  • SBI証券は外れても1ポイントがもらえるので申し込む

※SBI証券のポイントは、貯めればいつか当選できるので、地道に申し込みします。

 

IPOですが、もう最近は倍率も上がっており、まず当たりません。

何でもっと昔から目を向けてなかったんだろうと後悔しています。

だいたい、仮想通貨のときもそうでしたが、人が集まってきたらもう遅いんですよね。

アンテナを張っておいて、いかに早く行動できるかが重要です。

【ランキング参加中!クリックが励みになりますのでお願いします!】
日本株
スポンサーリンク
まっくをフォローする
スポンサーリンク
まっくのセカンドライフ【資産運用日記】