立会外分売が当選する証券会社は?

日本株
スポンサーリンク
まっく
 

こんばんは、まっくです。

今回は、過去から参加している立会外分売について書きたいと思います。

スポンサーリンク

立会外分売とは?

立会外分売とは、新規株主を増やすことを目的として、上場会社が大株主の保有株を小口に分けて、証券取引所で取引時間外に売り出すことをいいます。

前日終値から割引された価格で株が売り出されるため、安く買えるメリットがあります。

ディスカウント率は、だいたい2~3%くらいです。

東証一部上場を狙っている会社が、株主を増やすために、この立会外分売を実施することも多く、保有していれば値上がりも期待できます。

どこの証券会社が当選しやすいか?

私はネット証券でしか行っていませんが、過去参加したことのある証券会社は以下です。

  • 松井証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • SBI証券

かれこれ50回以上は参加していると思います。

気になった銘柄は各証券会社から申し込みしますが、IPOよりも圧倒的に当選確率が高いです。

経験上当選しやすいと感じている証券会社は、

  • 松井証券
  • マネックス証券

の2つです。

と言っても、10回申し込めば、1回は当たるというくらいの確率ですが。

楽天証券とSBI証券は口座数も多く、参加している人が多いのか、全然当たりません。

直近の立会外分売では、

5/26にマザーズのフロンティア・マネジメント(7038)に申し込みをして、松井証券で当選しました!

ディスカウント率は3.5%で、2,531円での売り出し。

当日の始値は2,654円で、123円×100株=12,300円の値上がりになりました。

終値だと2,862円と、30,000円以上の上昇。

こんなに上がる案件は珍しいですが、こういうことがあるので立会外分売は楽しいです。

立会外分売は当日売るか、長期保有するか?

立会外分売の銘柄は、急に売りに出されてきた知らない銘柄が多いため、あまり長期保有する気にはなりません。

また、前日終値より3%安く買えたからといって、必ず儲かるとは限りません。

基本的に当日、プラス圏になったら売って、お小遣いを稼ぐ感覚で参加しています。

ただし、長期保有しておけば大きな値上がりしている銘柄もあるため、立会外分売の銘柄はお宝発見になる可能性もあります。

※私が以前当選した、「弁護士ドットコム(6027)」なんかは、最近とんでもない上昇をしており、持っておけばよかったなあと後悔している銘柄です。

これからは、立会外分売に出る銘柄は少し調べて、当選する=縁があるということで、伸びそうな銘柄は当選して持ち続けるのもありですね。

これからも立会外分売には参加していきたいと思います。