2020年5月度の配当金実績

ポートフォリオ
スポンサーリンク
まっく

こんばんは、まっくです。

今回は、2020年度の配当金実績について書きたいと思います。

ブログを一か月続けていますが、定期的に書ける記事がないかということで、配当金の実績を毎月書いていこうと思います。

私の投資の楽しみの一つとして、配当金をもらうことがあります。

寝てても入ってくる不労所得。

株価が下がっても定期的に振り込まれるお金は、給料とは違った喜びがあります。

実績を見える化することでモチベーションのアップにもつながります。

スポンサーリンク

5月に入金された銘柄は

配当金は、だいたい決算の3か月遅れくらいで入ってくるので、2月決算銘柄。

日本株は、ビックカメラ(3048)の100株のみ。

1,000円から税金が引かれて、入金額は797円。

ビックカメラは、配当のほかに株主優待としてお買物券ももらえるので、実質+2000円かな。

株主優待じゃなくて配当が欲しい、っていう人もいますけど、株主優待には税金もかからないですし、お金だけではない楽しみがあるので、気に入っています。

日本株の配当は、年に2回もらえるのが一般的です。

一方米国株は、年に4回配当金がもらえる一般的です。これが米国株のうれしい点でもあります。

5月度にもらった配当金は、AT&T(T)PROCTER&GAMBLE(PG)の2銘柄で、合計69.07ドル。

日本円で約7,500円くらいです。

今年のこれまでの配当金は

ブログを始めたのが先月なので、今年1月からの配当金も集計しました。

まっく
まっく

画像が荒くてすみません・・・。

来月は見やすくできないか、改善します。

日本株の配当金の主力は、3月に入金されている日本たばこ産業(2914)です。

米国株は、個別株とETFを持っていますが、保有銘柄についてはまた紹介したいと思います。

こう見ると、米国株の配当が毎月のように入ってくるのでうれしいですね。

今年は、これまで約90,000円くらいの配当金もらっています。

銀行に預けているだけでは決してもらえない額です。

 

今月6月は、3月決算銘柄の配当が入ってくるので楽しみです。

保有銘柄や、買った理由など、今後ブログでも紹介していきたいと思います。

ではまた。